税務、会計、経営、相続に関することなら、虎ノ門・西新橋の会計事務所=丸山公認会計士・税理士事務所にお任せください。

〒105-0003 東京都港区西新橋1-21-12 諸橋ビル3階

03-6457-9907

営業時間

9:15~18:15(土日祝を除く)
※時間外のお問い合わせにも対応
 いたします

お気軽にお問合せください

サービスのご案内

株式公開(IPO)

上場はベンチャー企業の憧れ!

上場会社になる!

株式を公開して上場会社になることはベンチャー企業の目標です。上場する大きな創業者利益を得られたり、優秀な人材を確保できたりと、色々なメリットがありますが、ここではそのメリットとデメリットをまとめてみました。

<メリット>
●創業者利益の追求
 上場後は市場株価で自身の株式を売り出すことができます。
 会社の価値が上がるほど、未公開の時代と比べて高く売り出すことができ、大きな
 創業者利益を獲得することができます。

●優秀な人材を確保できる
 会社の知名度が高まり、また、上場会社ということで安心して人材が集まります。
 これにより、さらに会社は発展し、その価値を高めることができます。

●資金調達がしやすくなる
 株式が上場することで、証券市場から大きな資金を得ることができます。

●会社ブランドの向上
 上場会社のステータスにより、会社そのものの知名度や商品、サービスの知名度も
 向上します。

●内部管理体制が充実する
 株式公開の手続きの過程で、会社の会部管理体制については、証券会社等により厳
 しい審査を受けますが、これをパスすることで会社は1ランク上の組織体制を得る
 こととなります。その後の安定した経営に寄与することとなります。

<デメリット>
●コストがかかる
 上場審査、証券会社に要する手数料、株式事務管理委託コスト、監査費用など、未
 公開時には不要だったさまざまなコストがかかります。

●市場の厳しい監視の目
 株式が上場して流通するということは、業績やコンプライアンスについて社会や市
 場から厳しい監視の目に晒されます。

●業績の継続的開示義務(ディスクローズ)
 上場すると事前に業績予想を公表し、事後に決算を公表しなけなければなりません。
 業績は、通常、成長していかないといずれ株価の下落を招き、企業を危機に陥れま
 す。また、予想された業績と実際の業績が異なる場合には、特別な説明をしなくて
 はなりません。

<対応するサービス>
●株式上場準備支援
●決算開示等に関するコンサルティング
●M&A等にかかるコンサルティング

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-6457-9907

受付時間:9:15~18:15(土日祝を除く)

     ※時間外のお問い合わせにも対応

      いたします

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

03-6457-9907

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

ご連絡先はこちら

Maruyama CPA Office
丸山公認会計士・税理士事務所

03-6457-9907

住所

〒105-0003
東京都港区西新橋1-21-12
諸橋ビル3階